戦後の新しい暮らしについて提言し、生活評論の先駆けとなった吉沢久子(よしざわ・ひさこ、本名古谷久子〈ふるや・ひさこ〉)さんが21日、心不全で死去した。101歳だった。故人の遺志で葬儀は行わない。

 1918年、東京生まれ。文化学院卒業。速記者を経て、文芸評論家の故古谷綱武(つなたけ)さんの秘書にな…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも