[PR]

 日本に鉄道が敷かれ始めた明治のころ、「駅」は様々な名前で呼ばれていたようだ。英語のステーションをもじって「ステン所」、さらには「蒸気会所」や「鉄道館」などの呼び名もあった。鉄道史家の原田勝正さんが書いた『駅の社会史』に教わった▼多くの人が集まる場所。会所や館には、そんな意味が込められていたのだろう…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも