[PR]

 『芽(め)むしり仔撃(こう)ち』は大江文学の読者であれば、誰でも特別な位置に置く長編だろう。

 舞台は第二次世界大戦下の森である。そこに感化院の少年たちが連れて来られる。集団疎開をする途中で、彼らはひとつの村に泊まる。しかし、疫病が村を襲い、彼らのみが封鎖された森の中に閉じ込められる。

 考えてみ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも