[PR]

 「捉え方によっては危険な状態なんじゃないか」。サッカーの日本代表MF柴崎岳(ヘタフェ)が、チームの状態をそう表現する。J1鹿島時代、時に報道陣を困らせるほど口数が少なかった。いま一転して声高なのは、自覚の表れと言えそうだ。

 0―1で敗れた22日のコロンビア戦。26歳の柴崎は森保監督の体制下で初の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも