[PR]

 明治の文明開化期に演劇史が大きく途切れた日本。戦後も歌舞伎の演目を現代劇として上演する例は1960~70年代の新劇団による鶴屋南北ブームや、87年に旗揚げした花組芝居など一部にとどまってきた。

 近年、そこに風穴を開けたのが木ノ下歌舞伎だ。33歳の若さながら近世芸能に通じた主宰・木ノ下裕一の補綴(…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも