[PR]

 米金融大手シティグループの関連会社の日本人元社員が、日本の長期国債の先物取引で不正に価格を操作したとして、証券取引等監視委員会は金融商品取引法違反(相場操縦)の疑いで、関連会社に約1億3千万円の課徴金の納付を命じるよう、金融庁に26日に勧告する方針を固めた。関係者への取材でわかった。

 関係者によ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも