[PR]

 毎年4月の上旬、京都の寺院に呉服の名匠、名家による上作約200点が並ぶ。高島屋が1936年から続ける上品会(じょうぼんかい)という得意客向けの展示・販売会だ。今年の会場は建仁寺塔頭(たっちゅう)両足院、企画作品のテーマは「俳句」である。

 制作するのは、日本の染織を代表する8社。発足時から参加する…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも