[PR]

 2016年の米大統領選に介入した「ロシア疑惑」をめぐり、バー司法長官は24日、マラー特別検察官がまとめた捜査報告書の概要を公表した。ロシアとトランプ陣営の共謀を認定せず、トランプ大統領の司法妨害はバー氏の判断で「証拠不十分」と結論づけた。民主党は報告書の全面開示を求めたが、トランプ氏は「完全潔白」…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも