[PR]

 来春から使われる小学校教科書の検定結果が発表された。領土をめぐる記述では政府見解に沿った形で細かい意見がつき、2回目となる道徳の検定では「国や郷土を愛する態度」の扱いが「不適切」とされる例があった。他の教科の特徴とあわせ、紹介する。

 ■「誤解のおそれ」、記述に細かな意見

 2017年に改訂され…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも