[PR]

 日産自動車の社長・会長として経営トップを15年務めた石原俊(たかし)は労使関係の正常化に力を注いだ。会長時代の1986年、労働組合のボスだった塩路(しおじ)一郎をようやく追放し、長年の労組支配を脱した。だが、その後の日産の経営は暗転していく。

 生え抜きの石原は77年に社長に就くと、海外進出を積極…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも