[PR]

 厚生労働省は28日、全国の児童相談所(児相)が虐待の可能性を認識し、在宅生活を見守っていた子ども3万7806人のうち170人について、保護者と引き離す一時保護や施設入所などに切り替えたと発表した。従来のリスク評価が甘かった可能性もある。今月8日までに状況が確認できていない子どもも2626人いるとい…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも