[PR]

 監督の佐藤慶紀(よしのり)は、劇映画として作られた前作「HER MOTHER 娘を殺した死刑囚との対話」で、時を経て揺らぎ、別人のように変わっていく人間の凄(すご)み、つかみきれなさを抉(えぐ)りだした。対して、ドキュメンタリーとして作られた本作では一転、半世紀近くにわたり揺らぐことなく自身の美学…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも