セクハラの疑い、ケニア大使処分 厳重訓戒、依願退職

有料記事

[PR]

 外務省は29日、植沢利次ケニア大使(63)に国家公務員の信用を損なう行為があったと発表した。関係者によると、セクハラが疑われる事案があったという。

 大使は特別職の国家公務員のため、国家公務員法が規定している懲戒処分は適用されない。そのため、外務省は同省の内規に基づく厳重訓戒とした上で、同法の規定…

この記事は有料記事です。残り114文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント