長崎新幹線、投資効果「0.5」 北陸も「1」割る 事業に疑問符も

有料会員記事

[PR]

 九州新幹線西九州ルート(長崎新幹線)と北陸新幹線の建設中の区間について、国土交通省は29日、費用対効果が着工時の想定から小さくなったと発表した。想定以上に工事費が膨らんだことで、着工の条件を下回った。それでも工事は継続するという。

 長崎新幹線で整備方法が決まらず未着工の新鳥栖―武雄温泉は在来線の…

この記事は有料会員記事です。残り495文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら