[PR]

 ■福島で広がる「自産自消」の取り組み。そこに原発の居場所はない。

 阿武隈山地に抱かれた福島県葛尾(かつらお)村。「来年9月には村の中心部の電気の55%を地産地消する。中山間地のモデルになることを目指す」。副村長の馬場弘至(ばばひろし)(45)は言った。

 村は福島県などが株主の発電会社、福島発…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも