[PR]

 「簡単にいうと昭和の時代は根性練習。平成はレスト(休憩)を入れ、考えられた質の高い練習になっている」。2004年アテネ五輪競泳で銀と銅の二つのメダルを獲得した山本貴司(40)は、そう振り返る。

 それは元号の変わり目から少し遅れてやってきた。

 大阪・近大付高2年だった1995年に日本選手権を制し…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも