[PR]

 「勝っちゃうかもしれません」。解説の木村一基九段(45)が、そう声を上げた。

 2018年1月14日。朝日杯将棋オープン戦の本戦が、名古屋市で行われた。当時四段で中学3年の藤井聡太七段(16)が、佐藤天彦名人(31)を相手にリードを広げていた。

 多くの棋士にとって、名人は「雲の上」の存在だ。他の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも