[PR]

 「ここ一帯では毎春、ヤマザクラが2度咲く。最初は紅色の花、次は白い花」。紀伊半島の南端に近い和歌山県古座川(こざがわ)町では、古くからそう語り継がれてきた▼森林総合研究所のサクラ保全チーム長、勝木俊雄(かつきとしお)さんが現地で調査したところ、種類の異なるサクラだったことが判明。最初に咲く紅色の方…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも