[PR]

 日本で、一つの偏った意見でなく、多様な考えを交わし合うことが自由の礎と最初に説いたのは、おそらく福澤諭吉だろう。

 1875(明治8)年刊行の「文明論之(の)概略」は、従来の儒教主義の旧例墨守から、社会の進歩を目指す文明主義へ世の中を変えていくべきだと主張し、その重要な手段として、「多事争論」を掲…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも