[PR]

 ■お経の翻訳装置の開発・設置を

 無職 吉田祐治(神奈川県 82)

 先日、義兄の一周忌のため寺へ出向いた。和尚様による「お経」が始まると、独特の発声と節回しが本堂に響き、荘厳な雰囲気で終了した。しかし私も妻も、不満が残った。仏様や故人に何を語り、何をお願いしたのか。説明がなく、わからなかった。形…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも