[PR]

 最高裁判所が、本人の財産から成年後見人に支払われる報酬算定方法の見直しを家庭裁判所(家裁)に促した。報酬に対する批判を受けて運用改善に着手した形だが、描く通りに進むかは不透明だ。▼1面参照

 ■司法書士に2年で110万円、内訳わからず

 「実態を知っていれば利用しなかった」。中国地方の男性(51…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも