[PR]

 日米両政府が、新たな貿易交渉の初会合を今月15、16日に米ワシントンで開く方向で調整していることがわかった。まずは交渉の対象範囲を決める方針。農業や自動車といった物品の関税引き下げのほか、ほかの分野にどこまで交渉を広げるのか焦点になりそうだ。

 交渉を担当する茂木敏充経済再生相が訪米し、米通商代表…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも