[PR]

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設工事をめぐり、2日に国会内であった野党議員の会合で、移設先に軟弱地盤があることを政府が認める前から指摘していた鎌尾彰司・日大准教授(地盤工学)が講演した。とにかく工事を急ぐ政府を「学生に土木工学を教える立場から見て、工事の流れに違和感がある」…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも