[PR]

 シンガポール政府は1日、インターネット上で広がるフェイク(偽)ニュースを防止するための法案を国会に提出した。政府が虚偽と判断した情報の削除や訂正を求めることができる法案で、個人にも最大で禁錮10年など厳しい罰を科す内容だ。ネット企業や国際人権団体からは「表現の自由を侵す」と懸念の声が上がっている…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも