[PR]

 新元号「令和」のゆかりの地・福岡県太宰府市で2日、市民グループ「大宰府万葉会」メンバーら12人が当時の衣装に身を包んで「梅花の宴」を再現し、典拠となった梅の花の歌の序文などを朗唱する催しを開いた。松尾セイ子代表(80)は「万葉集は日本の宝。特に若い人にその魅力を伝えていきたい」と話した。(徳山徹…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも