カナダ、女性研究者めぐる環境良くなったけど… モナ・ネメールさんに聞く

有料会員記事

[PR]

 昨年のノーベル物理学賞で、史上3人目の女性受賞者となったドナ・ストリックランドさんはカナダに生まれ育った。同国は女性研究者が働きやすい国なのだろうか。政府の首席科学顧問に1年半前に就いた薬理学者モナ・ネメールさんに聞いた。

 ■「分野で状況に差。比率30%になるまでが難しい」

ここから続き

 カナダは女性研究…

この記事は有料会員記事です。残り738文字有料会員になると続きをお読みいただけます。