[PR]

 顔が汚れ、ボロをまとった少年は親も家も失った戦災孤児。ギラギラした瞳が「生き抜いてやるぞ」という覚悟を伝える。焼け跡から復興をへて五輪を迎えるまでの十数年間の首都をとらえた写真展「東京わが残像」が世田谷美術館で開催されている(14日まで)。多彩な表情に見入った▼写真家田沼武能(たけよし)さん(90…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも