[PR]

 きょう、この紙面で「小説 火の鳥 大地編」の連載が始まった。桜庭一樹の文体にひきこまれるうちに、手塚治虫のキャラクターが動き出す不思議さ。新たな物語がいま生まれている。

 漫画の神様・手塚治虫の未完の大作を書き継ぐ重圧。「編集者や書店員の友人には、よく引き受けたね、勇気がある、と……」。少し苦笑い…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも