[PR]

 (1面から続く)

 ――「火の鳥」は小学校の図書室で読まれたとか。

 おそらく、初めて読んだ手塚作品だったと思います。とにかくおもしろくて夢中で読みました。

 いま考えると、大きな影響を受けています。悲しみを伴ったオプチミズムとでも言えばいいのでしょうか。残酷なことも起きるんだけど、一人の死で終…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも