[PR]

 戦時中に日本の軍需工場で働いた韓国人の元徴用工と遺族計31人が4日、日本製鉄(旧新日鉄住金)など4社に対し、1人当たり最大約1億ウォン(約1千万円)の損害賠償を求める新たな訴訟をソウル中央地裁に起こした。昨年10月に韓国大法院(最高裁)が賠償判決を出して以降、元徴用工らによる同様の訴訟をめぐり追加…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも