[PR]

 ドイツの地方都市に暮らす労働者たちの日常を描いた「希望の灯(あか)り」が5日に封切られた。巨大なスーパーを主な舞台に、抑制された演技と静謐(せいひつ)な映像でつづる人間ドラマだ。トーマス・ステューバー監督は「日常のディテールに焦点を当て、じっくり描く作品にしたかった」と話す。

 主人公は、心の傷…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも