[PR]

 ●山折哲雄著『激しく考え、やさしく語る』 1931年に米国駐在の僧侶の子に生まれ、開戦前に帰国して東京から花巻に疎開。敗戦後に夢中になった服部之総の『親鸞ノート』、文学体験としてのマルクス主義など、宗教学者が精神の軌跡をたどる。新聞連載「私の履歴書」と補完するインタビュー。(日経プレミアシリーズ・…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも