[PR]

 大塚家具のスポンサー候補との交渉が相次いで頓挫し、監査を受け持つ新日本監査法人の焦燥は募った。「財務体質の改善策を明確にしてほしい」。新日本からの厳しい注文を背に、社長の大塚久美子が頼ったのは中国で約200店を持つ家具販売大手「居然之家(イージーホーム)」だった。

 久美子は昨年9月、同社トップの…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも