[PR]

 ■酷く美しく、社会と人間を調停

 著者は建築史家だが、この著作はいわゆる建築史書や建築書の範疇(はんちゅう)にとどまらない。特定の学問領域に束縛されず、さまざまな領域の事物や書物を自在に横断しながら家、人間、器についての思考を押し進めた、融通無碍(むげ)な論考集である。各論考を貫く筆者の眼差(まな…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも