[PR]

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)の探査機「はやぶさ2」は5日、地球から3・1億キロ離れた小惑星「リュウグウ」に人工クレーターを作るため、衝突装置を爆発させて金属の塊を撃ち込むことに成功した。岩や砂の噴出が確認され、クレーターができた可能性が高い。成功なら小惑星で世界初で、5月下旬にも着陸して試料の…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも