(大志 藤井聡太のいる時代)挑戦編:8 「指す」から「観る」へ、人柄知る楽しみも

有料記事

[PR]

 対局室で将棋盤を挟み、駒を並べる当時四段の藤井聡太七段(16)と佐藤天彦名人(31)に、ファン約200人の視線が一斉に注がれた。

 2018年1月14日に名古屋市で行われた、第11回朝日杯将棋オープン戦の本戦。東京と大阪の将棋会館で指される通常の対局とは違い、ファンが観戦を楽しめるように公開された…

この記事は有料記事です。残り597文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント

連載大志 藤井聡太のいる時代

この連載の一覧を見る