[PR]

 水道事業の運営権を民間企業に譲渡するコンセッション方式など「民営化」に道を開く改正水道法が10月から施行される見通しだ。だが民営化で「世界一」と言われる安全、安心でおいしい水道水が確保されるか、大いに疑問だ。水道事業を担う自治体には慎重な対応を求めたい。

 大阪市は今年2月、2012年度以降の水道…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも