折々のことば:1428 鷲田清一

有料記事

[PR]

 あと、追悼文とは、亡くなった人に読んで貰(もら)いたくて書くのだということにいま気付いた。

 (船曳建夫)

     ◇

 真にかけがえのない人には、目下思い煩っていることを面と向かって言えない。はぐらかしたり、どうでもいいことを言って核心を外したり、「人生、いろんなことあるね」ととぼけたり。人は…

この記事は有料記事です。残り87文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!

連載折々のことば 

この連載の一覧を見る