[PR]

 昭和5(1930)年刊行の三好達治の第1詩集『測量船』では、まず冒頭に「春の岬」と題する序詩が置かれている。

 

  春の岬旅のをはりの鴎(かもめ)どり

  浮きつつ遠くなりにけるかも

 

 伊豆湯ケ島で病気療養中の友人梶井基次郎を見舞った旅の帰路、船中から見た光景を歌ったものである。遠く靄(もや…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも