[PR]

 桜が舞い散る春、閉ざされた冬から一気に芽吹いた「生」。そのエネルギーの裏に潜む「死」。東京・恵比寿の東京都写真美術館で開かれている志賀理江子の新作個展「ヒューマン・スプリング」は、この季節とリンクさせた人間の生死を深く考察している。

 背丈ほどの高さがある箱形のオブジェが展示室に20個置かれ、その…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも