[PR]

 真藤順丈さんの直木賞受賞作「宝島」は、米統治下の沖縄を舞台に男女3人の青春を描いた一級の作品であり、沖縄戦後史を知るよき教材でもある。

 主人公の1人が、本土復帰運動に身を投じる仲間に冷ややかに語る場面がある。「おれは最近、思うんだよな。ほんとうに目の仇(かたき)にしなきゃならんのはアメリカーより…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも