[PR]

 かつてスタンダールは『赤と黒』で、「小説とは街路に沿って持ち歩かれる鏡だ」といいました。このとき、小説は、社会の動向を映す現代史研究だという使命を自覚したのです。

 同時に、小説は、政治や社会の理不尽に反抗して、個人が自由な意志で人生を開く可能性を表現していました。だからこそ、読者は主人公の行動に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも