(福岡伸一の動的平衡)蝶に思う、いまも昔も

有料会員記事

[PR]

 万葉集がにわかに注目を集めている。はて、世上には文学部不要論まであったのではなかったか。あらゆる階層の人々が森羅万象を歌にした万葉集数千首の中にホタルやコオロギ、トンボが出てくる歌はあれど、私の愛する可憐(かれん)な「蝶(ちょう)」を扱った歌は一首もないという。不思議なことである。ただ、今回の元号…

この記事は有料会員記事です。残り420文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

連載福岡伸一の動的平衡

この連載の一覧を見る