[PR]

 旧優生保護法(1948~96年)の下で障害のある人らに不妊手術が行われた問題で、衆院厚生労働委員会は10日、被害者に一時金320万円を支給する救済法案を委員長提案の形で衆院に提出することを全会一致で決めた。11日の衆院本会議で可決し参院に送られ、4月中に成立する見通し。ただ、被害者は法案に納得して…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも