(評・舞台)歌舞伎座「四月大歌舞伎」 仁左衛門の優しさが涙を誘う

有料記事

[PR]

 夜「源平布引滝 実盛物語」の平家の侍・斎藤実盛(仁左衛門)は、後に老武者になって北国篠原に木曽義仲を攻めた際、鬢髭(びんひげ)を墨で染めて出陣し、手塚の太郎に討たれる。義仲が池の水で首を洗わせると白髪が現れ、弓取りの誇りに感涙を流した。

 舞台はその30年ほど以前、義仲が琵琶湖に近い百姓家で誕生し…

この記事は有料記事です。残り518文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。