[PR]

 宮崎県都城市は、霧島山のふもとに広がる盆地の街だ。市の教育委員会文化財課で、ばらばらのかけらをつなぎあわせた土器や石器を見せてもらった。せっけんのような形の石は平たい石皿の上でどんぐりなどをすりつぶす道具だ。縄文人はどんぐりの粉を加工して主食にしていたという。

 「巨大噴火の影響で森林がダメージを…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも