[PR]

 「甘い鞭(むち)」などで知られる大石圭の小説「殺人鬼を飼う女」が、中田秀夫監督の手で映画化された。人格が四つに分裂してしまった女性が、不可解な事件に巻き込まれていく。1人の女性を4人の女優が演じ分けるという斬新な設定だ。

 ■タブーに挑む企画第1弾/「エロス+恐怖」に回帰

 主人公の京子は幼い頃…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも