[PR]

 京都で約60年にわたり時代劇の栄枯盛衰をみてきた中島貞夫監督(84)の約20年ぶりの劇映画「多十郎殉愛記」が12日公開される。「ちゃんばらの数だけドラマがあり、愛がある」という監督は、高良健吾を主演に迎え、行き場を失った男と女が愛に殉ずる様を、壮絶な剣と剣とのぶつかり合いで描いてみせた。

 強い…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも