(書評)『居るのはつらいよ ケアとセラピーについての覚書』 東畑開人〈著〉

有料会員記事

[PR]

 ■傷と癒やしめぐるハカセの苦闘

 きょうび、通勤電車で本を読む人は少数派。まして、読みながらクスクスと笑う人間は薄気味悪かろう。周辺の空間が少し広まった気がした。

 著者は、カウンセリングで食おうと27歳で社会に出る京大出のハカセ。「幕末の志士が命を燃やし尽くした年齢になってようやく、僕は就職活動

この記事は有料会員記事です。残り769文字有料会員になると続きをお読みいただけます。