■幼子抱え奔走、お客様のため

 2月17日死去(老衰) 100歳

 敗戦の2年後、東京・上野に小さな呉服店を開いた。夫は軍に召集されたまま(翌年に戦死公報が届く)、幼い2人の子を抱えていた。旧姓と母の名の字から「鈴乃屋」と名付けた。

 最初に扱ったのは古い着物の洗い張りや染め変えの取り次ぎだ。子…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも